ギャンブル依存症とキャッシングの関係性

MENU

ギャンブルで借金をする人も多い

ギャンブルで借金をする最大の原因は、中途半端に希望が見えることにあります。
簡単に言えば、ギャンブルに勝った時の記憶ができもしないことをできると錯覚させるのです。

 

例えばある日ギャンブルで10万円勝ったとしましょう。
例外はありますが、1日で10万円が手に入るなんてことは滅多にありません。
しかしギャンブルの結果によって、それが現実になってしまいました。

 

これによって、その人の意識では「運がよければ10万円勝つことができる」と刷り込まれるのです。
逆に言うと、9万円までは負けていたとしても取り返せる可能性があると考えてしまいます。
これが、ギャンブルにおける根拠のない「取り返せる」という意識です。
勿論取り返せることもありますが、殆どは負け額が更に膨らむだけです。

 

このギャンブル意識が進むと、ギャンブルの元手さえあればなんとかなるかもしれないという思考に至ります。
この中途半端に見える希望が、借金してでも勝てばいいという考えに繋がります。
大体ここまで来ると、本人は借金だと思っていません。
勝ってさらに次のギャンブルに使うための軍資金扱いです。

 

ギャンブルに勝つのは実は借金に陥るパターン

 

借金が膨らむパターンは、むしろここで勝ってしまい借金分以上のお金を手に入れてしまう事です。
経験のない方には分かり辛いのですが、こういう窮地から逆転したという経験はとても強く印象に残ります。
気持ちいいなんてものではなく、とてつもない万能感に包まれます。
また、この助かった時の快感は何物にも代えがたく、更にギリギリやレートの高い勝負へと向かってしまう傾向にあります。

 

特に危険なのは、後先を考えないタイプの人で、ハッキリ言ってギャンブルそのものに向いていません。
あえて負けた時の想像を避けて、勝った未来だけを考えます。
あの時の大逆転をもう一度、それだけを願い借金を重ねていくのです。

 

こうなる分岐点は収入や環境ではなく、一つの単純なきっかけで決まります。
それは「初回のギャンブルで勝つ事」で、一見ラッキーに見えますがこれが最大の不幸なのです。

 

初めて挑戦したギャンブルでは、むしろやったことを後悔する位に負けるのがベストです。
二度とやらないと簡単に思えますし、ギャンブルに対するイメージも初回で固定されます。
こうなれば、変なきっかけが無い限り再びギャンブルに関わることはないでしょう。

 

ギャンブルで借金をしてしまう人は、勝ってしまったが故に転げ落ちるのです。

 

お金に困ってもギャンブルがやめられないのは何故だろう

 

逆説的な言い方になりますが、ギャンブルがやめられないというよりはやめたくないのです。
特にやめられない人の特徴として、日常生活で達成感が得られてない人はギャンブルにしがみつく傾向があります。
というのも、ギャンブルほど簡単に達成感が得られる物は他にありません。
確たる実力も必要なく、長年鍛え上げてきた経験も必要なく、勝つ時は何の理由もなく勝つのがギャンブルです。
他で勝てる場所が無ければ無いほどに、運だけで勝ってしまえるギャンブルは最高の精神安定剤なのです。

 

依存症になりやすい

 

お酒や煙草と同じく、ギャンブルには強烈な依存性があります。
公営ギャンブルは極端に言えば、10戦9敗でも1勝が全て取り返せるだけの勝ちになることがあります。
大勝負の時に大金を賭ければいいだけの話なので、勝率は同レートで続けた時以外は意味を成しません。

 

パチンコはレートが固定されていますが、依存させる為の仕掛けが全てにおいて施されています。
大音量に強い光、勝つ時は都合のいい事が起こり続ける極端さ、そして手軽に味わえる勝利。
これが依存を呼び、手持ちの額に関わらずギャンブルを求めてしまうのです。

 

勿論負ければ何度でもやめたくなります、しかし結局止めてしまえば本人の中では何も残りません。
実際そんなことはないのですが、ハマっている人の思考回路はすぐにギャンブルに戻ります。
ギャンブルの快感というのは、他の趣味への興味を奪う傾向があります。
それ程勝った時の快感は強く、今まで楽しんでいたものが全く面白く感じられなくなるのです。
実際ギャンブルに必要な資金というのは他の趣味とはレベルが違い、負ければ天井知らずで必要になります。
そういう意味でも他の趣味に使うお金は残りません。

 

ギャンブルにはまれば失うものが多い

 

こうなるとお金の価値は、今の手持ちでどれだけギャンブルができるかという考えに変わります。
金額の大小はあまり関係がなく、沢山持っていてもその分レートを上げるだけになります。

 

段々刹那的な思考になり、勝つか負けるかはそのまま生きるか死ぬか。
借金も勝たねば返せないのだから、どうせここで立ち止まっても何にもならない。

 

ここまで来ると既にギャンブル以外の物を捨てている人が殆どで、人間関係も疎遠になっていて孤独状態な人も珍しくありません。
我に返って自分を見つめなおした先には、後悔だけが残っています。
今更それを認めることはできず、ギャンブルを続けていくという悪循環です。

 

やめるのは自分ひとりでは難しい

 

ギャンブルをやめる方法としては、ハマってしまうと自分一人ではほぼ無理です。
誰かの手を借りて新しい趣味を見つけるか、ギャンブルが無い所で暮らすかという荒療治が必要です。
個人差はありますが、ギャンブルのできない環境でしばらく過ごせば、嘘のように熱が冷めていきます。
その後ハマっていた頃の自分が如何に愚かだったかを理解すると、ギャンブルからひとまず抜けられたと言えるでしょう。

 

しかし、これはまたギャンブルができる環境になり、ふとした時にやってしまうと元の木阿弥です。
再発の可能性は非常に高いので、抜けたと信じても二度とギャンブル場へは近づかないようにしましょう。