派遣社員のキャッシングについて

MENU

派遣社員はキャッシング出来る?

アルバイトの人や無職の人が借り入れなどの際に不利になるのはほとんど承知の事実ですが、派遣社員の場合も色々と判定には制約がついてくる様子です。というのも派遣社員の場合は固定でその場で働いているわけではないため異動も考えられます。そうなることで給料の安定性なども疑われますので、どうしても借り入れができない場合があります。

 

ただし必ず借り入れできないというわけでも無いので大手の場合であれば困難、小中規模の金融業者であれば希望があるといったような違いがあるため、一概に派遣社員であるがゆえに借り入れができないと言うわけではありません。

 

派遣社員で借りれないのはどんな時?

では、どんな時に借り入れができないのかというのが気になるところです。まずは大手金融業者で審査を行う場合です。大手の場合は貸出条件の中にも安定した収入があることと明記されていることがほとんどですが、この場合の安定した収入は正社員という意味で捉えても問題ないかも知れません。

 

審査には多かれ少なかれ影響しますので、基本審査が厳しいと考えておいたほうがよいでしょう。その他年収証明が出せるかどうか、年収金額が問題ないかなどの条件を照合しますので、はじめから小中規模の消費者金融を利用しておくのも確実性には長けていると言えます。

 

派遣社員でも住宅ローンは組めるのだろうか

住宅ローンを組む際にもフリーローンと同じように継続して返済できる力があるかどうかを見るために正社員かどうかというのは大きなポイントとなっています。借り入れができないというわけではありませんがどうしても社会的信用力が低いとされますので通常であれば契約するのは難しいと言われています。ですが、必ずしも住宅ローンを組むことが出来ないというわけではありません。中には就業形態を問わないとする住宅ローン商品も存在するため、それらを利用するという手立てがあります。

 

ただし、上記のように就業形態を問わないとは言っても大体の場合は審査をポイント制で行っていることがほとんどです。その上で「派遣社員だから断られる」ということはありませんがポイントを付ける上での優劣はどうしても付いてきます。その他の条件で問題が無いと判断された場合においては貸出となるわけですが、元々の条件が借り入れ困難な立場にあるということを考えると商品次第で「借りやすくなる」ということはまずありません。派遣社員でも収入等によっては審査でも有利になる場合があるため、商品提供元に一度簡単に概要確認をしてみても良いかも知れません。

 

派遣社員で借金癖がある場合直すにはどうしたらいいのか?

派遣社員だからというわけではありませんが、どうしても収入が安定しないことでお金に困ることもあるかと思います。そんな時に借り入れをするとなるとどうしても癖になってしまう方もいらっしゃいます。

 

そんな時に借金もすでに出来ないというのであれば、一時的にクレジットカードの現金化を利用するという方法もあります。クレジット提供元では約款違反になるので公には出来ませんが、商品を購入した体で決済して提供元からお金を手数料抜きの分で受け取るというものです。還元率の低さなどどうしても不利になることは必至なので、あまり利用のおすすめは出来ませんがどうしてもの時は自身の責任で利用することも出来なくはありません。

 

本当に借金をしないという決意ならばクレジットカードもキャッシングのカードもはさみで切ってしまうのもいいでしょう。
自分で絶対借りれない状況に陥れる事もメンタル的に効果があります。

 

副業して収入を増やす

その他にも副業という方法もあります。

 

もちろんアルバイトなどの副業も然様ですがどうしても家を出ることが出来ない主婦層、もしくは自宅を離れられない事情などがあるのであれば最近ではウェブライターと言ったような自宅でできるような仕事もあります。パソコンとネット環境があれば利用できる仕事ですので最近は副業としても人気が上がってきていますし、文章構成能力さえあれば場合によっては高収入も夢ではありません。