MENU

養育費払えないけど借金しなければならない?

離婚などが原因で父または母の一方からしか養育が受けられない場合、地方自治体より児童扶養手当を受けることができます。このような子供の教育を援助する取り組みはどの地方自治体にもあるので、どうしても養育費が払えないようなケースにおいては無理をして借金をする必要はありません。

 

借金は確かに一時的に資金調達をするにあたって非常に便利な手段です。しかし、借りたお金はいずれ返済しなければならず、返済の負担は家計を大いに圧迫します。

 

もともと一時的な借り入れが目的で、返済する目処もある程度ついているのであれば養育費の支払いのために借金をするのも一つの解決策になります。

 

例えば子供の入学金や進学費用など、まとまったお金が急遽必要なケースにおいては教育ローンが役立ちます。しかし、そもそも所得が低く、最低限の教育を毎日与え続けるだけの費用が捻出できないようなケースにおいては、借金は有効な解決策とはいえず、地方自治体の援助が必要になります。

 

生活が困窮し、最低限の養育費を捻出するのも困難なケースにおいて地方自治体は様々な取り組みをしてくれます。返済不要の経済的な援助を受けることで、安心して生活することができるようになります。

 

お金に関する問題は一人では解決できませんが、地方自治体に相談すれば新しい解決策を見出すことができるのです。