住宅ローンの金利や借り換えについて

MENU

住宅ローン控除とは

マイホームを購入するために住宅ローンを組むと、所得税が還ってくるといった控除を受けることができます。このような控除を住宅ローン控除と呼びます。

 

住宅ローンによる控除の最高額は500万円までとされています。ただし、あくまで所得税が控除されるだけなため、全員が全員500万円の控除を受けられるわけではありません。多く控除を受けるためには、そもそも多く所得税を払う必要があります。

 

住宅ローン控除を受けるためにはいくつかの要件を満たす必要があります。まず、マイホームを新築した日から6ヶ月以内に居住を開始し、その後12月31日まで住み続ける必要があります。

 

2つ目が、控除を受ける年の合計所得金額が3000万円以下である必要があります。

 

3つ目が購入した住宅の床面積が50平方メートル以上、かつ床面積の2分の1以上を居住用として使用しないといけません。

 

4つ目が、住宅ローンの返済期間が10年以上であることが求められます。

 

5つ目が中古住宅の場合で、マンションのような耐火建築物の場合は物件を購入して取得した日より25年以内に当該の物件が建築されていることが条件になります。ちなみに、マンション以外、つまり耐火建築物でない物件の場合は取得した日より20年以内に建築されていることが控除を受けるための条件です。

 

これらの要件を満たすことで住宅ローン控除を受けることができます。

 

住宅ローン 金利について

 

住宅ローンを利用すると様々なコストが発生します。お金を借りるのですから金利が発生するのは当然ですが、小口のキャッシングと違い、住宅ローンの金利の仕組みは複雑です。できるだけ少ない負担で住宅ローンを組みたいのであれば、この金利の仕組みを理解することが大切になります。

 

まず、住宅ローンには金利だけでなく保証料や手数料などのコストが発生しますので、できるだけ保証料が低いところを選ぶことが賢く住宅ローンを組む秘訣になります。

 

次に、金利を優遇するための条件がどのようなものか、細かくチェックする必要があります。住宅ローンを組む際には様々な優遇金利を受けることができますが、このような優遇を受けるためには多くの条件を呑まなければならず、条件次第では完済するまで借り替えができない場合もあります。

 

住宅ローンの金利というのはその時々の社会情勢などで変化します。今契約している金融機関の金利が業界でもっとも低いといっても、今後将来にわたっても同じことが言えるとは限りません。

 

社会情勢の変化によってはさらに金利の低い住宅ローンが登場する可能性もあるため、借り替えができる余地は残した方が良いです。

 

さらに、繰り上げ返済ができるかどうかも賢く住宅ローンを選ぶときのポイントになります。住宅ローンの金利はどれほど低いといっても、そもそも元金が高額であるため、返済を始めたばかりの頃は利息も高額になります。

 

ローンをできるだけ早めに完済するためには繰り上げ返済をして、できるだけ早めに利息の割合を減らしておく必要があります。

 

これらのポイントをおさえることで、住宅ローンの金利とも賢く付き合うことができます。

 

住宅ローン 借り換え費用はどのくらい?

 

住宅ローンの借り換えとは、借入先を今契約している金融機関から他社へと換えることです。借り換えをするメリットとしては、現在契約している金融機関よりも金利を低くすることで返済額を減額することができるなどがあります。
借り換えを成功させるためには借り換え先の金利が低くある必要があります。しかし、いくら金利が低いといっても借り換え時に高額の費用が発生しては意味がありません。金利を低くすることで生じた減額分よりも、手数料の方が高かった場合、この借り換えは失敗を意味します。

 

そのため、借り換えをするときには一般的な借り換えの相場を知るよりも、金利の差額分との比較が重要になります。

 

住宅ローンの借り換えをするにあたって発生する費用は様々です。契約書貼付印紙税や事務手数料、保証料などが借り換え時に発生する費用の代表例になります。

 

その他にも、現在契約している住宅ローンを完済しなければならないため、繰り上げ返済手数料や抵当権抹消費用などが発生します。

 

金融機関によっては借り換え防止を目的に繰り上げ返済手数料を他社よりも高く設定することがあります。もちろん、その分だけ金利を優遇するものなのですが、将来的に借り換えをする可能性が少しでもあるのであれば、優遇金利だけでなく繰り上げ返済手数料などにも注目した方が賢明です。

 

借り換えがしやすい住宅ローンを選ぶことで、ローン返済中により金利の低い住宅ローンが登場した時に少ない費用ですぐに借り換えができるからです。

 

他のローンについて

 

フリーローンとは

 

フリーローンは簡単に言えば使途が自由なローンのことです。
カードローンが申込手続きが完了し、一旦カードが発行されてしまえば限度額に応じていつでもお金を借りれるのに対し、フリーローンは融資を受けるたびに毎回審査が行われるのが特徴です。

 

毎回の手続きが煩雑なことに加えて、目的が自由ということで教育ローンや住宅ローンなどの使途が定まっているローンと比較すると金利が高めに設定される傾向があります。

 

カードローンと比べると手続きが面倒なカードローンですが、担保型のフリーローンならばカードローンよりも高額の融資が受けられるといったメリットがあります。そのため、不動産や自動車などの購入の際には担保型のフリーローンが役立ちます。

 

フリーローンに申込む際には本人確認ができる身分証明書や印鑑、源泉徴収票などの収入証明書、さらに借りたお金の使途が確認できる書類などが必要になります。

 

基本的に使途自由なフリーローンですが、一部例外はあります。まず、事業目的の借り入れはできず、他にも投機性の高い融資も断られます。借り換えについても原則できません。

 

日常生活を送るためのローンも原則としてできず、プライベートで高額の融資が必要になったときの利用がメインとなるローンです。