個人がお金を融資する掲示板には注意しよう

MENU

お金を貸してあげるという掲示板には要注意

まず結論から言いますが、お金を貸してくれるという掲示板の書き込みは詐欺か違法金融業者です。
普通に考えて、見知らぬ人にお金を貸したい人など存在するわけもなく、また正規の業者がそんなことをすれば信用問題で即潰れてしまいます。

 

さてそういう視点で見れば、書き込んだ人間の素性は簡単に見えてきます。
つまりお金を貸してあげるというよりは無理矢理貸したい訳で、そうする事で得する人間など闇金か個人情報を抜き出したい人間しかいません。

 

またこの手の書き込みは、掲示板管理者から見れば廃れる原因になるので即削除の対象です。
特に今のご時勢事件になるとすぐに噂が広まる為、放置されている掲示板以外でこの手の書き込みが残ることはありません。

 

暇な場合は、文面をよく見てみましょう。
大体大袈裟にしたいのか、高額を渡すので付き合って欲しいという男性狙いの書き込みか、一切詳細の書いていない連絡先のみを載せた闇金しかありません。
特にお金を渡す系の書き込みは、現実感が無いのを通り越して笑いを誘っているかのような書き込みが目立ちます。

 

しかし絶対条件として、その手の書き込みに反応してはいけません。
業者の書き込みが残っている掲示板は既に放置されていることが多く、無法地帯です。
書き込み先のIPアドレスから所在地を割り出したり、メールアドレスに連絡しようものなら迷惑メールの嵐です。
また、絶対に記載されているURLにアクセスしてはいけません。
100%危険サイトなので、アクセスした時点で被害を被ることもあり得ます。
何の特にもなりませんので、書き込みを見るだけにしましょう。

 

掲示板で金銭の貸し借りは詐欺にあう可能性高い

 

インターネットでの悪い利点を挙げるとすると、いくらでも嘘が付けるという点があります。
顔も年齢も分からない場所の交流は、どれだけ仲良くなったとしても一定以上の警戒心は必要です。
勿論ネットがきっかけで楽しい付き合いができる例も沢山ありますが、現実で会う以上に詐欺も多いのです。

 

援助交際

この言葉自体は廃れましたが、宿やお金を提供する事を条件に身体を要求するパターンは今でも多数あります。
詐欺かといえば厳密には違うかもしれませんが、結局口約束なので結果がどうなるかは何とも言えません。
女性側が詐欺である事も多く、今も昔もトラブルの多い案件です。

 

振込み依頼

個人同士での物品交換や取引は、それだけ詐欺に合う可能性は高まります。
たまにオークションサイトそのものが詐欺である可能性もあり、名前の聞かない怪しいサイトでは取引しないことが重要です。
会社名などが記載されている場合は、まず会社を検索してみてください。
詐欺会社の場合すぐに検索で判明するので、すぐに本物かどうかが分かります。

 

SNS経由

LINEを代表とするコミュニケーションツールは大変便利ですが、悪用面で見れば詐欺の温床です。
知らない相手との個人情報のやりとりは慎重に行ってください。
大体執拗に住所や個人情報を聞いてくる相手は、直接会おうとしているか何かの取引を持ちかけようとしているかの二択です。
怪しいと思えばすぐに繋がりを切る位の対処で問題ありません。

 

詐欺自体は時代が違えど、絶対に無くならないものです。
特に金銭取引が絡む場合は、警戒し過ぎることはないですよ。