MENU

車のローンが組めないけど期間が過ぎれば組めるの?

債務整理をした、返済の延滞をした、などの事情でブラックリストに載ってしまったりすると、特に家のローンや車のローンなど大型のローンを組むのは非常に難しくなります。
では、一度ブラックリストに載ってしまうとその後もずっと名前が載り続け、ローンは組めないままなのでしょうか。

 

結論から言いますと、ブラックリストに一生載り続けるということはありません。ブラックリストとは俗称であり、信用情報機関の個人情報に金融の事故ありと掲載されることをそう呼びますが、この事故情報は規定の年数を経ると抹消されるものなのです。
ではどのくらい経てば消えるのかというと、それには個人差がありはっきりと何年で消えますと断定は出来ません。しかし、大まかな年数なら、延滞や債務整理の場合は5年から7年、自己破産の場合は最長で10年程度で事故情報は抹消されます。

 

事故情報が抹消された後は、車のローンなど大型ローンも組めますし、キャッシングの利用にも制限はなくなります。
購入計画を立てるためにも自分の事故情報があと何年で消えるのか正確に知りたいという時は、信用情報機関で自分の信用情報を開示してみるとそこに記載されていますので、そちらを訪ねてみましょう。

 

どうしても必要なら安い中古車を探すしかない

 

しかし、事故情報が消える年数まで待てないという時や、生活や環境のためにどうしても車が必要だという時は、多少妥協しても安く買える中古車などを探してみましょう。
個人情報に事故情報があった場合でも、店と家や家と職場がとても離れていて田舎なのでバスも電車もなく自動車が生活必需品であるという方が特例として組めたケースもありますが、大抵の場合はまず普通にローンを組むのは難しい話です。

 

車は家の次に大きな買い物となるので、家族や友人に借りるということも難しく、やはりローンを組まないとなかなか手が出せないものです。
ですが中古車なら価格はぐっと下がりますし、中古車とは言え流行から少し遅れた型であったり少し年数が経っているというだけで、今でも充分機能には問題のない車が多いのです。特に日本の車は海外でも評価の高いものが多く、多少古くても滅多に故障はないと評判です。また、中古車の会社が独自に行っているカーローンですと信用情報に事故情報があっても事情によってはローンを組んで貰えるところもあります。

 

逆に、ローンが組めないうちは中古車に乗り、事故情報が抹消される年数が経ちローンが組めるようになったら新しい車を買う、というやり方も可能です。