MENU

無利息キャッシングはどこ?

消費者金融のサービスというのは、現状頭打ち状態になっています。
携帯電話キャリアの競争と同じで、金利はギリギリまで下げるのは当然、審査も即日が当然、限度額も横並びという状態はグレーゾーン金利撤廃からずっと続いています。

 

故にどのキャッシングが一番いいのという質問は、割と答え辛いものがあります。
しかし30日以内に返済が可能という条件付なら、プロミス・アコム・レイクの3社の中から選ぶ事をお勧めします。
この3社には、無利息期間というものが存在するのです。

 

プロミス

 

まずプロミスですが、30日の無利息期間が付きます。
条件は初回利用+Eメールアドレス登録+web明細利用となっていて、最近若干変化しました。
30日の無利息期間中の追加借り入れも可能で、期間内であれば全て無利息になります。
カウントは初回借り入れ時から30日間です。

 

アコム

 

アコムの条件は、35日ごとの返済期日で契約する事と、初回利用時であることです。
無担保のカードローンのみの対象なので、他のローンでは適用されません。
カウントは契約成立時から30日間なので、すぐに必要でない場合でも、審査通過日にお金はおろしておく事をお勧めします。
契約日と利用開始日を合わせないと、無利息期間を勘違いする可能性があります。

 

レイク

 

レイクの条件は30日無利息プランと、5万円以下の借り入れの場合180日の無利息期間があります。
実際5万円が180日以内に返済できないような方は審査に通りませんので、利息無しで5万円が借りられると言ってもいいでしょう。
カウントはアコムと同じく契約成立時で、期間中の借り入れは全て無利息です。

 

またこの条件のせいでこの3社がいざ利息が付くと割高なのかというと、そんなことはありません。
会社側の思惑としては一回目の借り入れの抵抗を無くしたいだけで、無利息期間はキャッシングで借りるという手段を覚えてもらう為の撒き餌のようなものです。
とはいえキャッシング依存はよろしくないので、あくまで緊急時の手段として覚えておいてください。

 

無利息キャッシングで借りる事について

 

大体の無利息期間は30日で、次の給料日で一括で返済できる場合、借りた額のみの返済で済みます。
金銭ピンチが一時的な場合、無利息期間があるキャッシングを選ぶ事をお勧めします。

 

しかし勿論この好条件には色々条件があるので、間違わない為のポイントがいくつあります。
殆どの無利息期間は30日なので、それを前提にお話します。

 

30日期間の条件は確認必須

 

一番落とし穴になるポイントで、アコムとレイクの場合は30日の有効期間は契約成立からのカウントになります。
融資決定後、1週間後にATMからお金をおろしたりすると勘違いするのですが、それは既に30−7で23日しか無利息期間は残っていません。

 

30日であって、1ヵ月ではない

 

人間の脳は都合よく考えてしまうもので、30日と聞くと1カ月と勝手に変換してしまいます。
その場合ギリギリで返済した場合、実は31日目(1ヵ月)で利息が発生しているというパターンになりかねません。
無利息期間の猶予があるとはいえ、返済可能であれば早めに返しておきましょう。

 

「無条件」の無利息期間は初回利用時

 

借りる人には最高のメリットである無利息ですが、これを利用毎に毎回適用していてはキャッシング側の利益はありません。
大体はその会社を初めて利用した場合に無条件で無利息期間が付いて、2回目以降の利用はポイント制によって無利息期間が適用されます。
あくまで初回特典だと思って利用してください。