住宅ローンが払えない

MENU

住宅ローンが払えない時は任意売却という方法がある

人生の中でも大きな買い物と言えば、やはり最大のもので『家』があります。衣食住の中でも住は絶対に欠かせないもののひとつでもありますね。
けれどもそういう大きな買い物である分だけ、一括で買える人はほんの一握りです。大抵の人は家を購入する時には住宅ローンを利用するのではないでしょうか。

 

しかし住宅ローンで家を買ったはいいけれど、生活の変化やリストラ、思わぬ事故などでローンが払えなくなってしまう事も多く、延滞が重なると住宅ローンの融資側も手を打ってきます。そして最後には差し押さえという事態にも成り兼ねません。
ならばと家を売りに出そうとすると、その前に住宅ローンの残りを一括で支払わなければならなくなります。

 

残っているローンよりも家が売れる価格が少ない場合、残りのローンの分がマイナスになります。
お金がないために家を売りたいのに、ローン返済を補うためのお金が必要という事になってしまいます。

 

そういう事になる前に『任意売却』という方法があります。

 

任意売却とは

 

任意売却とは、家を売りたいけれどローンの一括返済が出来ない場合に、残りのローンの債務はそのままに抵当権や差し押さえを解除して貰う制度のことを言います。これなら一括返済の義務がなくなり、家を売りに出してそのお金で引越しの費用やその後の生活費などに充てることが出来ます。
更に、残った借金も分割で支払うことが可能になりますので、生活にも余裕が出て来るのではないでしょうか。

 

任意売却する際に、2500万円の値段だったとします。そして残りの残債の住宅ローンが3000万円だとしたら500万円が足りません。
このような場合は金融側から許可がおりず売るに至らないという場合もあります。

 

自己破産しなければならないのか

 

一番最悪なパターンとしては自己破産することもあるのですが、分割で支払う事も出来るので必ず自己破産をしなければならないというのではありません。

 

経費は任意売却のほうがお得

 

任意売却ではなく一般的に売るのであればローンの残高とは別に経費も自己負担になります。
一方、任意売却の場合は売却した価格から経費を払えばいいので負担が軽いです。

 

任意売却なら強制ではなくなる

 

また、任意売却の場合、売る値段や誰に売るかなど自分で決める事が出来ます。
金融からの申請で差し押さえになって競売にかけられるのであれば、全て強制なので何も自分の意思は尊重されることはありません。