給料明細のない仕事についた場合借りれるのか

MENU

水商売・建設業でもお金を借りたい・借りれるの?

ホステスやホストなどの水商売に就いている人は、キャッシングでお金を借りるのは難しいと言われています。
では、なぜそういう風に言われているのでしょうか。
その理由は、キャッシング会社の審査では借りたお金をちゃんと返してくれるかどうかを判断するために、定期的な収入があるか、職業先がはっきりしているかを重視するためです。
水商売の方がお金を返さない人が多いというわけではなく、キャッシング会社はあくまで収入先があるかどうかを見ます。水商売のお店の場合、給料を渡す時に給与明細を出さないところも多く、所得証明を出すのが難しいために、収入先が不透明であると判断されてしまうこともあるのです。

 

また働いている人も、数ヶ月で辞めてしまったり別のお店に移ってしまったりということが非常に多く、キャッシング会社の審査の段階で提出した書類に記載した仕事先のお店が、返済の時には別のお店になっていたりということもよくあり、その返済に延滞を起こしてしまったりするとややこしいことにもなります。
これはキャッシング会社からすると騙されてしまったと感じてしまうこともあり、余計なトラブルも招きかねません。このために、夜のお仕事をしている方にはキャッシングでお金を借りるのは難しいと言われています。

 

水商売でもきちんとした会社なら金融で借りれる

 

水商売ではお給料の形態が独特であったり、勤め先が頻繁に変わる方も少なくないと言われているためやはり借入の際にチェックするお給料の形態が重要視されがちです。
しかし、水商売であればすべてがそうなのかというと、そうではなく、しっかりとした会社ならば審査にもちゃんと受かり、キャッシングでの借入が行えます。

 

こういう場合のしっかりとした会社とはどういったものを指すのかというと、お給料の形態がはっきりしており、月にどのくらいの仕事をしてどのくらいの給料が発生したかを知ることの出来るところを言います。
給与明細をちゃんと出し、源泉徴収などもしっかりとされている会社がこういった業務の会社には少ないのだということもあり、水商売の方のキャッシング利用は難しいと言われていますが、逆にそれをしっかりとしている会社であればそう難しいことではありません。

 

どうしてもお金が必要で困っている、という方は、水商売の方でも借りられる、審査が甘い中小企業のキャッシングを利用してみてはいかがでしょうか。ですが、中には闇金融の会社もあったりするので、しっかりと調べてからにしましょう。

 

建設業もお金の出し入れが不透明な事が多いので借りれる金額は少ないかも

 

水商売の方と同じくお給料の形態などでキャッシングの審査に通るのが難しいと言われているのが、建設業の方です。
特に、事務などの方ではなく現場で働く人は日雇いも多いので、給料明細がなかったり手書きなど形態として正しくはなかったりと、キャッシング会社の審査の基準には満ちていないところも多いのです。
一人親方やまたその下で働いている場合、お金の動きを示す書面を用意せず1人工の給料を支払うケースが多く、公には収入を得ている事が見えづらくなります。

 

以前は景気の良かった建設業界ですが、談合問題などを経て今では少々厳しくなっているのが現状です。そういった会社はお金のが流れが不透明なところもあり、正式な給与明細が出ないところもあります。
給与明細や所得証明書類をしっかりと提出しないと、キャッシング会社の審査ではなかなか受かりにくくなってしまい、大手の会社ですと更に難しくなってしまうようです。借りることが出来ても、上限額が少なかったりと制限を設けられてしまうことも。
大手で断られてしまったら中小の会社を利用することも出来ますが、こちらでもはっきりとした給与明細や所得証明書類がないと審査に落ちてしまうかもしれません。

 

ですが、ソフト闇金などの業者に手を出したり、架空の給料明細を作成するアリバイ会社などを利用するのは止めましょう。どちらも違法なものであり、もし何か問題があった時に一番困るのはやはりそういったところを利用した側になるので、安易に違法業者の手を借りるのは非常に危険な行為です。