お金を借りたいけど審査が通らないから困っている

MENU

キャッシング会社や消費者金融で審査が通らない

 

 

大手のキャッシング会社や消費者金融は情報を共有しています。お金を貸してはいけない人をいう情報が登録されているので、審査の依頼をした場合、金融会社はその情報も参考にして貸せるかどうかを検討します。

 

誰でも闇雲にお金を貸したくはないので、当然と言えば当然のことです。
審査が通らなくてお金を借りれなかったという方は、何か昔にキャッシングを利用して返済が遅くなったり、滞ったということはなかったでしょうか。

 

あるいは債務整理をして免責となり自己破産をした場合にも信用情報機関に情報が登録されてしまいます。
一度ブラックリストに載るとなかなか信頼を回復することは難しいのでその後ローンを組んだりクレジットカードを持つことが不可能になりやすいです。

 

ブラックリストとして登録されてから期間が長く経ったとしてもその情報が消えるというのは難しいようです。
そんな時に役に立ってくれるのが中小規模の消費者金融です。

 

どうしても必要で返す自信があるのでしたら中小規模の消費者金融を考えるのも対策の一つだと思います。

 

キャッシングでブラックになったら何年ブラックが続くのか

 

キャッシングで延滞などの問題が起こると、ブラックリストに載ってしまいその後の借入が難しくなってしまいます。
このブラックリストというものは、本物の黒いリストが存在するわけではなくいわゆるスラングの1つであり、実際には『信用情報機関』が管理する個人情報に、金融事故がある、と記されてしまうことを指します。

 

信用情報機関は民間の機関であり、キャッシング会社は借入の審査の際にまずこの信用情報機関の個人情報からチェックします。そこで事故ありと知ると、審査に落とされやすくなってしまうのですね。
しかし、このいわゆるブラックリストですが、何もその後永遠に事故情報が残ってしまうわけではありません。事故情報の種類や内容にもよりますが、延滞や債務整理の場合ですと大抵は5年から7年で事故情報が抹消され、自己破産ですと最大で10年程度で抹消されます。

 

同じ延滞や債務整理でも個人のケースにより年数が違ってきますので、はっきりと「あなたは何年で消えます」とは断定できません。ですが、詳しく何年で消えるのか知りたい!という場合は、自分の個人情報を開示することで確かめられます。
個人情報の開示は信用情報機関で行えますので、気になる方はそちらに訪ねてみましょう。