MENU

ソフト闇金って何

 

もちろんソフト闇金だって違法なのです。
自ら借りる申し込みをしてはいけませんよ!


 

「ソフト闇金」や「やさしい闇金」という言葉を聞いたり目にしたりすることはありませんか? 闇金とは違う形態あり、この頃増えつつあるのがこのソフト闇金と呼ばれる違法な業者です。
では、ソフト闇金とはどういうものなのでしょうか。

 

ソフト闇金とは、闇金のように暴力的な取り立てをしない・脅すような電話をかけてこないなど、闇金のイメージにあるような『まるでヤクザのように怖い人たちが取り立てに来る』といった暴力的なものを排斥したもの、と言われています。
中には利用者が何らかの事情があり正規の金融業者ではお金を借りることができない、困った立場であるという事情を知りつつ、親身になって生活や悩みの相談に乗ってくれたり、1日一緒に遊んで別れ際にお金を貸したりという多少変わったやり方をするところもあるのだとか。
利用者と業者の距離感が近く、まるで友達のような間柄という一面があるのもソフト闇金の特徴のひとつです。

 

闇金を利用する方は事情のある方がほとんどです。しかし誰だって怖い思いはしたくはありません。ソフト闇金は、そういった人間の心理をついた業者のあり方とも言えるでしょう。
違法とはいえお金が必要で、けれども闇金のように怖くはないなら……と手を出してしまう方が多く、リピーターもついているようです。

 

4

ソフト闇金で借りるのもやめておこう

 

ソフト闇金は闇金とは違い暴力的な取り立ても強引な勧誘もありません。ですが、いくら暴力的なイメージがないとはいえソフト闇金も闇金のひとつの形態であり、業務は違法なものなのです。

 

ソフト闇金は闇金に比べると金利は少しだけ安く、それも『ソフト』の特徴のひとつです。ですがそれでも正規な金融業者と比べると高金利であり、違法な業者であることに変わりはありません。
またソフト闇金の危険なものとして、その売りであるソフトさが上げられます。ソフト闇金は暴力的なイメージを排除しやさしい闇金であることを謳っていますが、そのために何度も利用する人が多く、リピーターもついています。ただでさえ利用者との距離感がひどく近いと言われているソフト闇金ですが、繰り返し利用することによって業者とおかしな友人関係になってしまうこともあり、そうなると余計にそこから抜け出すのは難しくなってしまいます。

 

こういった抜けにくさや、親身になって話を聞いてくれるところからソフト闇金は利用者が離れ難くなる現象が起きています。しかしそれこそがソフト闇金の狙いなのです。
いくらソフトとは言え、闇金であることに変わりなく滞納が重なると対応が変化していく例もあげられます。
ソフト闇金を利用するのは闇金を利用することと同じく危険な行為であるのです。

 

ソフト闇金と闇金融の違いって?

 

ソフト闇金と闇金の違いは、ソフト闇金はすべてが『ソフトである』ということでしょう。
金利は闇金ほど高くはなく、取り立ても暴力性を排除してソフトな対応で、お金の借入の際にも高圧的な態度ではなくソフトな態度で……というふうに、すべてが柔らかく、優しいものとなっている特徴があります。

 

闇金は勿論よく知られているように高金利であり、トイチ(10日で1割の金利を取ること)やゴイチ(5日で1割の金利を取ること)などが有名です。また取り立ての際には怖い人たちが複数で家に押しかけてきたり、ひっきりなしに電話がかかってきたりなどと違法な取り立てでも有名ですね。
ソフト闇金はそういったことがなく、金利は1週間で3割や2週間で5割というように闇金よりは安く、取立ての際にも大声を出したり暴力性によって脅すことはせず、あくまでソフトな対応をします。

 

また、ソフト闇金は業者と利用者の距離が近いという特徴もあり、中には友達付き合いのような関係をすることもあると言います。
とはいえ、ソフト闇金と闇金は同じく違法業者であることに変わりはなく、揉めた時には相手側がどういった対応に出るかは保障はされません。ソフト闇金も闇金のひとつだと認識した上で、利用をするのは避けましょう。