もっと借りたいなんて軽すぎませんか

MENU

多重債務でも借りたいと思うのはちょっと待って

 

既に3社借りているのにまだ借りるだって?
本当に人生やり直すなら債務整理って方法があるよ!


 

お金に困るシーンは人それぞれ、パターンも様々です。それによって必要な金額もピンきりですが、どうしても借り入れをするとなっても一箇所で借り入れできる限度額では足りないこともあります。はたまたひとつの業者から借りていたとして返済が間に合わず、どうしても返済をするために別の業者から借り入れをするという自転車操業に陥ってしまう方もいらっしゃいます。

 

ですがどれを取ったとしてもまずメリットはありません。複数で借り入れをするということは、同時に複数一気に返済を行わなければならないということでもあります。ただでさえお金が足りずに借り入れをしているわけですから、返済を行う際に状況が好転するとも考えにくいものです。

 

当たり前のことですが、借金を増やすということはそれだけ自分の経済事情の首も締めてしまうことになります。それでも尚いますぐに必要なお金なのか、もしそうであったとしても他に負担を少なくする方法や労働によってお金を調達できないのかということを再検討したほうが後々の自分のためです。借り入れをしたいと思った時は、思いとどまる事こそ大切です。

 

多重債務で債務整理するときはどうしたらいい

 

ただ、そうは言っても借り入れに頼るしかどうしようも無いこともあります。返済を行わなければ裁判になる、滞納が多すぎて毎日連絡が来るなど、困る種類もまたケースバイケースです。
ですがそれらの悩みというのは総じて一人で悩んでいても仕方ありません。一人で悩んで解決するくらいであればすぐに借り入れに逃げ込んでもよいでしょう。ですがそれだけでは自分を苦しめるだけです。

 

そうなる前に、一度相談をするというのも大切です。例えば無いところもありますが市役所の中などには債務相談ができる窓口が併設していることが多くあります。これらは無料相談が出来ますし、場合によっては債務整理の賢い方法を教えてもらうこともできるのです。

 

その他にも町中に無料相談ができる法律相談事務所などがあればそこでも良いでしょう。法的に何か対応策があるのであれば先に相談だけ行ってしまい、必要であれば依頼金を支払って対応してもらえれば良いのです。何にしても無料で相談ができるというのは非常に便利なものです。秘匿性も守られますので誰かに知られるという心配もありません。相談をすることである程度の自分の未来が見えて何とか出来ると感じる人もいれば、やはり法的な対応が必要ということで多重債務以外の方法を選択される人もいます。一人で悩んでいても出てこない結果が得られることだってあるのです。

 

多重債務になる人の特徴とは?

 

世の中には、キャッシングを利用したり借金を作っても一度で返せる人と、返せなくて多重債務になってしまう人とがいます。
では、多重債務になってしまう人とならない人にはどういう違いがあり、どういった特徴があるのでしょうか。

 

多重債務をしてしまう人といえば、何も考えずにお金を借りて遊び歩いているいい加減な人というイメージがありま。実際にそういう多重債務者もいるのでしょうが、実は全員が全員そうとは限らないのです。
多重債務者の特徴として、意外に多いのが『真面目な人』なのです。真面目な人は、どうしても借金を返さなくてはと思いつめるあまりに他の金融会社から借入を行い、結果として多重債務になってしまうことがよくあるのです。
また責任感が強かったり、そのために少しだけ見栄っ張りだったりすると、借金のことを周りに相談することも出来ず1人で抱え込んでしまう傾向があるようです。

 

この他にも、お金にルーズだったりギャンブルが好きだったりする人も多重債務になりがちですが、真面目でしっかりした人も要注意でもあるのです。
「あんなにしっかりしている人がどうして?」と周りが首を傾げるような人ほど、その責任感から借金を重ねてしまうことが多いのです。