闇金についてのよくある質問に答えています

MENU

闇金の融資ってどうなの?

 

闇金で借りたいなんて絶対いけません。
どんなにお金に困っていたとしても他に対策がないか考えてみましょう。

 

本当に生活に行き詰ったら生活保護を受けたり、免除される事を知るという事がまず大事です。


 

ニュースなどでよく見る闇金融ですがよくは聞くもののその実態を知る人もそこまでいらっしゃらないのではないでしょうか。ドラマなどで見るマグロ漁船に連れていかれるなどに関してはないと言われていますが、厳しい取り立てや法外な金利というのは実際に存在しているのです。

 

まず借入についてはほぼ隔日に貸し出してくれます。お金が無い人に関しても取り立てれば周辺の人からお金を借りて自分自身には返ってくるので貸したところで元本は戻ってくるという算段です。ですがその取立てからはおよそ法的な手段は使われず追い込みに近い勢いで迫られることになります。

 

その他にも闇金と言われるグループには紹介屋と呼ばれる存在も見え隠れします。というのは法外な金利に苦しむ人に対して結託している弁護士を紹介し、弁護士はそのお金で債務整理などを行い、こともなく終わらせるというものもあるのです。形上正規の対応をしているため問題は無いように見えますし借入をしている当人からしても借金がなくなるとなると飛びつきたくなるような嬉しい話でもあります。

 

こうして被害にあっているとわかるところから助けてもらっていると思いながら実際は手の上で転がされる方法まで、闇金融は実にいろんな手を使ってきます。

 

闇金の手口とは

 

毎年たくさんの人間が被害にあっているとされている闇金融ですが、実際にはたくさんの手法があり警察や法務局なども含めてその摘発には手こずっていると言われています。それに闇金融は届け出を出さない不正営業が当たり前なので実態がつかめないというのもありなかなか収束しないのが現状なのです。

 

その手口はおおよそ決まって金利の法外な釣り上げです。貸出金額に対して対応不可なスパンで金利を釣り上げることで支払いを行っても過払いを過払いとしない強引な手段が挙げられます。
ですがそこまであからさまな手法をとっているにも関わらず摘発のスピードが遅いのは取立てにあります。最近は強引な取立てだけではなくソフト金融と呼ばれるような取立ての仕方も見かけ上柔らかく、実際は法外な要求をしている業者もふえてきていますので借入をしている側としても被害にあっているというのを身をもって感じにくいというのが問題点にあるようです。

 

今までは強迫観念で口封じを行い、現在は心理に差し迫るようになり親身になる振りをして実際は被害を拡大させるという手口が横行しているようなので、摘発するにしても結局は被害申告も少なく民事も問題視されないというところに大きな問題があるようです。

 

闇金で借りパク出来る?

 

闇金融で借入をすると間違いなくついてくるのがあまりにも厳しい取立てです。よくアニメやドラマなどでここまで凄惨な実態があるのかと思われるような過激な演出が施されていることもありますが、実際に行われているのが悲しい現実です。

 

そんな闇金融でお金を借りた時、そのまま逃げることはできるのでしょうか。これに関してはできるとも出来ないとも言い切れません。ただし身の危険がつきまというというのは確実でしょう。

 

闇金融の背景には暴力団などが絡んでいることも多く、その暴力団が生活にどれほど侵食しているのかははかりしれません。普段何気なく利用している企業サービスの中にもそうした暴力団関係グループが関与していることがあると考えると、そこで情報が拡散することでの発見率も馬鹿には出来ないのです。

 

それに夜逃げと言っても元々お金があるのであれば借入などしないはずです。どこかに逃げようとしてもお金が無いことで逃げる場所も限定されてきますので、そう考えると借りたまま逃げおおせるのは指南のわざと言えましょう。それこそ警察に突出されることも信用情報に掲載されることは無いかも知れませんが、それだけでは済まない大事であるという認識は捨ててはなりません。

 

もし闇金で借りたら専門家に相談して解決しよう

 

お金を借りたいが借りられない、そういった方々というのは意外と身近にたくさんいらっしゃるものです。というのもカードや携帯電話料金の滞納などで個人信用情報に傷が入っている場合があるためです。

 

ですがそれ以上に以前の借金の返済が間に合わなかったり返済意思を示さない場合などもありますが、いずれにしても信用情報が傷ついてしまうとその修復には時間がかかるものです。

 

そのために闇金融にお金を借りざるを得ないと判断する方も多いのです。ですが闇金融というのは法律上営業が認められていない業者ですので金利も法外ですし取立てもドラマさながらの脅迫めいたものまであると言われています。

 

元々営業している側に責があるのはもちろんなのですが、利用している側もその事実を知りながら利用するのは非常に良くありません。とはいえども、その時に冷静な思考が間に合わず使ってしまったということであれば、まずは専門家に相談しましょう。場合によっては裁判等になりますが法的に違法性を証明できれば対応も可能ですので、まずは一人で抱えて悩まずにしっかり相談し、法律面でも自分に有利なポイントを抑え、対処に望むことが重要です。手遅れになる前の一歩が肝心です。

 

080や090金融に手を出してしまった場合対策は弁護士に相談するのがいい

 

法律上の規則として、貸金業を営む場合は必ず固定電話の登録が必要になります。
つまり連絡先が携帯電話(090や080、または0706等の固定電話のように見せかけた番号)の場合は全て違法業者であり、闇金融である確率が非常に高くなります。

 

またこの090から始まる番号自体もほぼダミーで、実際はこの番号に掛けてから何度かの転送を経て、闇金業者の番号へ繋がります。
言うまでもなく、融資側の個人情報を極限にまで隠す為です。

 

もしこの手の闇金融から借りてしまった場合、即弁護士に相談しましょう。
誰でもいいという訳ではなく、闇金関係に慣れている弁護士を選ぶのがポイントです。
残念ながら、弁護士全てが闇金相手に強気で押せる方ばかりではありません。

 

また闇金側としては一番取られては困る手段なので、知ればあらゆる手で妨害してきます。
何故かというと、正式な貸金業者ではないので、闇金の借金というのは法律的には1円も返さなくていいのです。
弁護士に法的な手段を取られた時点で、闇金側は借金の回収ができなくなります。

 

不測の事態に備えて、自宅からなるべく近い事務所を探すことをお勧めします。
今はインターネットでいくらでも検索できるので、お近くの弁護士事務所を探してください。